2006年05月31日

【徒然】とうとう一周年


皆様のおかげです、ケイロンの中の人です、こんにちはです。

ということで大航海時代ONLINEのブログを始めてから(この日記?を除いて)昨日で一周年でした。


思えば、あの日に第一歩を歩いていなければ・・・・。
多分自分のフレンドリストは全く違う面々が名を連ねていたと思います。
このブログのお陰でたくさんの知り合いが出来、知り合いの知り合いという感じで広がっていきました。

ほんと、書いててよかったなーーと、しみじみ。


ちなみに。
一応目立たない所にLINKは張っていたのですが、ちゃんとした告知もしてなかったんで、ほとんどの方は知らないと思いますが。

先日から、ケイロンの中の人は中の人で、別のブログを始めました。
ケイロンの中の人のリアルの、家族の話なんかを扱ったブログです。
これまたお暇な際にでも遊びにきてくれると嬉しいです。

ということで。
こちらも、あちらも、これからもお願いします!!
posted by ケイロン at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

私掠と誇り(前編)


ワキャック「後方ガレアス1隻!!襲撃だっ!!!!!!!!!」

目的地はまさに目と鼻の先にある岬だった。
入り江や岸壁の様子などを調査する為に船首に立ち、片手には既に望遠鏡を持っていた。船員達は『地理調査』という慣れない、新鮮な仕事で浮ついていたが、自分自身も高揚していたので気にも留めていなかった。
そして荒くれ達が商売していることで有名なラスパルマス付近を無事に抜けれたということのも、後から考えれば油断していた理由だろう。

ケイロン「転舵っ!い、いや、直進そのまま!逃げ切れ!!!!」

心の隙を突かれ、判断を誤らせた。
ガレアスだ・・・・撃ってこない、と。

そしてネーデル私掠は静かに、船首砲を発射した。
轟音と共にまっすぐ放たれた砲弾には鎖がついていた。灰色のアーチは空を切り、油断していた船尾を直撃し深く抉った。急速に船足が落ちる。

船員「船長、舵も壊れました!!!」

それを聞いた船員達が一斉に泣き声にも怒声にも聞こえるような言葉で叫びだした。一瞬にして甲板は混乱の渦に巻き込まれた。
このままではダメだ・・・・・だが、諦めるつもりはなかった。
悲嘆に暮れることは後でも出来る。
まだ出来ることがあるはずだ・・・・。

ケイロン「慌てるな、進路そのまま!!ワキャック!近くに回航中のポルトガル海軍に連絡だ!至急応援求めろ!他の船員達は威嚇の為の機雷を撒け!援軍がくるまでの辛抱だ!!」


冷静になれ、と自分自身に言い聞かせる。
けれど心の臓は早鐘を打ち続けている。
逃げ切れる可能性は決して高くない。ポルトガル軍が近海にでもいてくれれば・・・・。

ワキャック「船長!!!ポルトガル王立軍より連絡です。至急援護に向かうと!すぐ近くにいるようです!!」


幸いにも援軍はなんとか間に合った。

助かる・・・・。船足はかなり落ちてはいるものの、水平線の向こうより現れたポルトガル軍を前に安堵のため息を吐く。。。。
しかし、戦いが終わった訳ではなかった。ポルトガル軍の登場により退却してくれるような相手ではないことは明らかだった。
このジーベック船【Ship Of Asklepios】のすぐ背後には敵艦が迫っていた。

そして、ちょうど味方艦隊と船首同士がすれ違うというその時。
ネーデル私掠は嬌声をあげながら乗り込んできた。

そして次の瞬間、戦いは終わりを告げられた。

続きを読む
posted by ケイロン at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ケイロンの航海物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

【徒然】いざ勝負!

せっかくの大海戦(の隙に危険海域を冒険しまくりチャンス)だったのに、危険海域にほとんど出ることがなく終わってしまいましたケイロンの中の人です、美紅さんおめでとー。

ということで、今回はコメント欄から派生した賭けについてを報告しときます。


そもそもの事の発端は

『とりあえずは冒険LV40に』
ただいま冒険LV36
簡単な距離ではないですが、帆を全開にして、一気に駆け抜けたいと思います(^^


という自分の5/12の日記に対し、コメントをくれたコリコリさんが『どっちが先にLv40になるか競争ですよ!w』という宣戦布告(!)をしてくれたわけで。


そんな話をゲーム内でイルリナさんと話していると、『じゃあ負けた方が開錠スキルを消す』という罰ゲームを提案され・・・・。
さすがにそれは無理だという二人の見解から『無難なところで負けたほうは全財産持って東地中海1周ツアーなんてどうでしょ?』とまったく無難ではない難易度☆10のようなクエストが提案されたりもしましたが。

結果。

『負けたほうの副官に好きな名前をつけられるとかどうですか?w』

という案が採用されました。
と、まぁ、ここまではコメント欄をチェックして貰ってる方にはご存知の通りですが。


両者負けた際の副官の名前(一応、候補)が決定しました。

えーーー、激しく負けたくないと思いました。。。

男性の場合、『恐妻家
女性の場合、『恐妻』『子だくさん



って、そんな名前、絶対に付けれない(><

ちなみに自分が勝った場合に、コリコリさんの第一副官の名前は

『コリゴリ』

になります。
請うご期待(笑)

ちなみにケイロンの冒険LVは昨日37になりました♪
これによりスキル枠が1つ増えたので、地理学を習得。
一気に突き放します(笑)
以下は、商会メンバーに私信。
posted by ケイロン at 09:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

【徒然】酒と泪と男とラジオ

♪何も聞こえない〜何も聞かせてくれない〜僕の体が昔より〜♪・・・・放って置いてくださいなケイロンの中の人です、こんにちは。

#健康診断に向けて頑張らなっヤバイ(;;
#ってな状態が毎年続いている気がします(ぇ


さて、巷で噂の大航海時代E鯖インターネットラジオ『ガロラジ』、聞いてみました。(リンク先はガロラジ掲示板。)

たまたまナントに着てみると、ちょうどやっている最中らしく。
広報(?)の方の募集コメントにアドレスがあったので繋いでみると・・・・・・・何も変化がありません。アドレスに間違いはないのに・・・・・と側にいた既に視聴忠の中也さんに聞いてみると、メディアプレイヤーで聞け、と。なるほど(笑)

ってことで、メディアプレイヤーを起動&報告→チャット勧誘され、と。


前半はガロードさんが1M持って地中海を回り、30分でどのくらい稼げるかという企画のようで。
ラジオから流れてくるカチカチカチ&ピコーーーン&ガシャーーーンって効果音がとても不思議な感じでした。
#ケイロンは基本的にゲームのバックミュージック&効果音はOFFにしてます。

ラジオから聞こえて来る「カルヴィ」「ピサ」「チュニス」なんて言葉に新鮮さを感じました。文字としての「カルヴィ」は見慣れてるんですが、音で聞く「カルヴィ」はどうにも焼き肉のイメージが付いて回ったり。
そして(若干タイムラグがあるものの)チャットとラジオのリアルタイムさも楽しかったです。


続きは、ぶっちゃけた感想や提案など。
posted by ケイロン at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

After an epilogue

〜運命よ、おまえの意志は人間には知るすべもない。
人間いずれは死ぬ、それは知っている、問題はいつ死が訪れるかだ。〜



――貴方は何を思いあの異郷の地で死を迎え入れたのか。


砂漠の荒野に、たった一つある墓碑。いや墓碑なんていう大層な代物ではない。「ここに死者が眠っているのだ」ということが分かる程度のものだ。
それでも埋葬されていただけましなのだろうが。

もっとも彼の骨はない。
彼の家の者達が、大枚をはたいて遺骨を取りに行かせ、改めて埋葬した為だ。だからあれは形だけの墓だった。もちろんそれは知っていた。


彼は―――私にとって何者だったのか。
彼の元で働き始めてすぐ母親は流行り病で勝手に亡くなった。帰る場所の無くなった私に対し、彼は労わる言葉も蔑む言葉も吐かなかった。
ただ使用人の一人として淡々と仕事を命じ、その際にも必要最低限な会話を交わすだけだった。
特別扱いされた記憶は一切なかった。いや、特別な厚遇を受けたことは一切なかったというべきか。彼は同世代の使用人達よりも、私に対してきつく当たることがしばしばあった。
噂好きの畜生達は影でそんな様子を「将来我が子の一人として育て上げる為の教育……」などと言いふらしていたが、彼には既に立派ないけ好かない子供達が片手に余る程いた。そんなはずもない。
それでも、彼の指示によって私の母親が丁重に埋葬されたという噂は立った。なけなしのお金で建てた簡素で平凡な墓だったにも関わらず。

だから私自身信じていなかった―――彼が本当の父親だということを。
それどころか恨んでいた、強く。


彼が何故普段取引のない遠くアレクサンドリアの街まで行き……そして、盗賊に殺されたのか。

大きな商売の取引の為という目的で行ったはずだったのだが、真実は違ったのではないか?という噂が出たのは、遺骨を回収しに行ったメンバーが発見した彼の数少ない奪われなかった遺品の手記のせいだ。
そこには、私の母親の名前、死ぬ原因となった病の名、特効薬があるという噂が書かれていたらしい。

けれど私は、私の母親の死さえも自らの商売のタネになると判断したのだと、そう思っていた。


その後彼の家の商売は、徐々に傾いていった。
私が家を飛び出さなくともそのうち放り出されるのは明らかだった。何しろあの家の者達は外聞を気にしつつ、チャンスがあれば直ぐにでも「正当な理由で」私を追い出そうとしていたのだから。

続きを読む
posted by ケイロン at 20:17| Comment(3) | TrackBack(0) | Story of Brute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

【徒然】苦笑しつつ再開?

紳士という言葉が誤解され始めている今日ですが、自称紳士ではないので関係ないケイロンの中の人です、ネタ的にちょっと羨ましいです。


えーーと、華々しい断筆宣言ではなく、微妙な休止宣言を行ったのは今から1ヶ月半前ですが。いろいろな誤算がありました。

仕事が忙しくなるはずだったのに全然変化がないこととか、子供がわんわん泣き出すはずだったのに上の子と比べてめちゃめちゃ大人しい子だったり。
#上の子の時は凄かったんです(笑)


そんなわけで。
近日中に航海物語の続きを書き始めちゃおうかなと思ってます。
#っていうか、もう書いてる途中なのですが。

とりあえず状況により今まで以上に遅筆になったりする可能性は多々考えられますが、どうやらまた書き始めるつもりのようですので(他人事?)、稚拙なものですが、楽しんでいただけると幸いです。


えぇ、ぶっちゃけた話。
休止宣言後もガンガンINしていたり、ブログの更新速度も上がってないか?なんてツッコミ入れられたりしてましたよ、はい、正解。
言い訳も面倒臭いので、 嫁さんとお子2人に怒られない程度に、ちょこちょことやってく所存です(笑)



ちなみに、今書いているのは、本当はもうエピローグまで書き終えたはずの彼のお話です。しかも二次制作モノ100%なネタになっております(−−;

脳内設定を語ってるだけのコソバユイ話になりそうですが、一応プロローグだからってことで、もう読むの面倒臭かったら流してください、はい、正解。

posted by ケイロン at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

【徒然】グーチョキ

2時間かけて過去のScreenShotから画像を集め&加工して作ったブログのTOP用画像が、保存時にアプリが異常終了してパーになったケイロンの中の人です、号泣です。

異常終了させる前にせめて画面のSSとっておけば、画像が劣化しても残ったのに……と、アプリが終了してから気がつきました(;;
というか、2時間もノーセーブなのが悪いってのは、もうおっしゃる通りです。


さて、ケイロンの近況です。
発見物カード登場により発見物コンプを目指していた冒険者はモチベーションが低下したと某所では言われていましたが。

トリスタンの剣2本目もらっちゃったよ(@@

もちろん冒険者にとってデメリット(クエ提示率の減少、手間)などはあるでしょうが、カード発見時に冒険経験をプラスしてもらえるし、稀少クエの紹介などフレンドに出きるのでメリットもあるんです。
むしろ自分は昔やったのに内容を奇麗さっぱり忘れてるクエもあるので、また新鮮な気持ちでできてます。基本的に「作業」が嫌いではないからなんだろうけど。
結局今までも(当面はこれからも)LV/スキル上げする為には、同じクエ/地図をやらないといけないような状況なのですから。一つのクエをやり続ける合間に、懐かしいクエをするのもオツと思えないでしょうか?


・・・・・・・・もちろん。
自分も、また2時間かけて画像加工しますよ、はい(−−

って、結局オチはまた「ふりだしに戻る」な訳ですが。


今度こそ話題を変えて、単純な近況報告と。

続きを読む
posted by ケイロン at 21:41| Comment(6) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

【徒然】リスボン広場で祝砲を!(後編)

なんとかイースターエッグ集めをクリアし、卵の為に軍人転職したケイロンの中の人です、失礼致しますっ!(軍人?)

先日車でラジオを聞きながら運転していると、パーソナリティーやリスナーがブログの上手な書き方なるものを言ってまして……。

『起承結で、転はいらない。短くまとめて』
『だらだら長々と書くのはNG。簡潔に』

というようなことを言ってまして、胸を打たれた次第です。
痛い、痛いよママン。。。

#どうせ、うちは起承承承承承・・・・。


と、そんなこともあり、前後編で終わるつもりが、間に中編を入れてみました。
……分かってはいることなのですが、基本的にイベントなんかのレポートは超苦手です。ログを見返すと、「これも載せたい」「これも捨てれない」などとドンドン膨れ上がる傾向にあります。
というか、ポーカーの面白さなんて,その場にいないとわかんらへんって(−−;


ということで大して面白くないと思いますが、一応『ポーカー王決定戦2次会(?)』レポートの最後の回となる今回の承をお楽しみください m(_ _)m
いや、むしろ楽しめるもんなら楽しんで見やがれ!な勢いで行ってみたいと思います(ぇ


大赤字.jpg


長々とした[承]を読む
posted by ケイロン at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

【徒然】リスボン広場で祝砲を!(中編)

昨日は商会内でボルドー開錠ツアーを行いメデタク開錠Rが上がって転職可能となったケイロンの中の人です、こんにちは。


ということで、先日のリスボン広場でのポーカー2次会の続きの話……の前に、その頃のOceanBlue_Rosesの面々は………。

コリコリ「アテネ前に●ードコンビがいましたよー」
オンマイビート「●イコ・●イクロも><」
コリコリ「うぐ><」

ってことで、東地中海でお困りの様子。
それならば、と……

ケイロン「さぁ、みんなでリスボンポーカーw」

誘ってみたわけですが。

コリコリ「ケイロンさん、ギャンブルは懲りたのでは?w」

えーーーと。
例えば、食べ過ぎてお腹が一杯になったしても、ですね。

ケイロン「ご飯に懲りる人はいないかと?(ぇ」


ということで、晩御飯のメニューは続きをどうぞ。

突撃!隣の晩御飯(?)を読む
posted by ケイロン at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ケイロンの徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。